アルガンオイルでトリートメント、「流す」「流さない」どんな使い方が効果的?

アルガンオイルでヘアケアをすることは、美髪や頭皮の健康にとても効果的です。

でも、どうやって使うと効果を発揮してくれるかご存知ですか?

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルをトリートメントとして使うことがおススメですが、その使い方はたくさんあります。

アルガンオイルを「流す」「流さない」どちらの方が良いのか、そしてどうやって使ったら良いのかをご紹介ます。

 

アルガンオイルでトリートメントの効果とは?

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルに含まれる成分に、私たち人の皮脂と同じ成分があります。

そのため、人の肌に馴染みやすく素早く浸透してくれます。

 

また、水との馴染みやすい性質があります。

そのため他のオイルと比べて、髪や頭皮に使用する際にも効果を発揮してくれやすいのです。

豊富な栄養素もたくさん含まれているため、髪や頭皮に栄養分を補給することにもなります。

 

アルガンオイルが髪や頭皮に期待できる効果

  • 頭皮の毛穴の汚れを浮かせて、落としやすくする
  • 高い保湿効果
  • 髪の乾燥を防ぐ
  • 切れ毛、パサつきの予防
  • 水分の蒸発を防ぎ、潤いを髪にとどめる
  • 髪にツヤが出る
  • まとまりやすくなる

 

頭皮の毛穴の汚れが落ちると、「かゆみ」「抜け毛」「薄毛」といった頭皮トラブルの解消につながります。

また、高い保湿効果があるため、頭皮や髪の乾燥を防ぎます。

髪にはツヤを、頭皮にはターンオーバーの正常化を促してくれるのです。

 

さらに髪をケアしたと思っているアタナには、「美髪を効果」を引き出すための守るべき4つのことを意識するのもおススメです。

トリートメントだけでなく、少しのことを日常に取り入れるだけで大きく髪の状態が変わりますよ♪(→美髪を作るための守るべき4つのこと)

 

アルガンオイルをトリートメントとして使う4つの方法

 

アルガンオイルでトリートメント効果を発揮してくれるのは4つの方法があります。

アナタの髪に合った使い方で、ぜひ継続的に使ってみてください♪

 

1 洗い流さないトリートメントとして

アルガンオイルの量

  • アルガンオイル 2~8滴(髪の量や長さに合わせて調節)

使うタイミング

  • 髪を洗った後の髪や頭皮

使い方

  1. 髪を洗った後(お風呂の後など)、髪をタオルドライする
  2. アルガンオイルを手に取る
  3. 手のひらで広げ、毛先を中心につけていく
  4. 髪全体に広げる
  5. ヘアドライヤーで乾かす

髪の量や長さによって、使用する調整しましょう。

サラサラのアルガンオイルでも、使いすぎるとペタッとした髪になってしまいます。

ちなみに私は、1回のトリートメントで8滴ほど使用しています。

髪の長さは胸くらいまであるロングヘアで、髪の量も多めです。

 

この使い方が最もメジャーなアルガンオイルのトリートメントとしての使い方です。

髪に効果が表れやすく、すぐに髪がまとまってツルツルしていることを実感しやすいので、とってもおススメ♪

 

2 ヘアセットで洗い流さないトリートメント

アルガンオイルの量

  • アルガンオイル 1~2滴

使うタイミング

  • ヘアセットの前
  • 乾いている髪の状態のとき

使い方

  1. 手のひらにアルガンオイルをとり、広げる
  2. 毛先につけ、それを髪全体に馴染ませる
  3. ヘアセットをする

ヘアアイロンなどを使ってヘアセットをする場合におススメです。

ヘアアイロンによる熱から髪をまもり、巻きやストレートのキープ力も高まります。

 

 

3 洗い流さないけど、お風呂でトリートメント

アルガンオイルの量

  • アルガンオイル 1~3滴

使うタイミング

  • シャンプーをした後

使い方

  1. 髪をシャンプーで洗う
  2. 洗面器にお湯をため、そこにアルガンオイルを入れる
  3. 軽くかき混ぜたら、そこに髪を浸す
  4. ある程度浸したら、髪にコンディショナーをする

髪全体にバランスよくアルガンオイルが浸透するので、ムラができません。

一気にアルガンオイルを髪に浸透させたい方におススメです。

 

これと同じように、アルガンオイルはバスオイルとしても使用することができます。

バスオイルであれば髪だけでなく、全身も一気に潤すことが可能です。(→バスオイルとしての使い方は?)

 

4 洗い流すトリートメント

アルガンオイルの量

  • アルガンオイル1~2滴

使い方

  1. シャンプーをして髪や頭皮を清潔な状態にする
  2. 手にトリートメント(あるいはコンディショナー)を手に取る
  3. そこにアルガンオイルをたらし、手のひらで混ぜる
  4. 通常通り、髪にトリートメントを塗る(時間がある場合は、10~15分ほどそのまま時間を置く)
  5. トリートメントを流す

トリートメントの保湿成分をしっかりと髪に浸透させてくれる効果が期待できます。

髪をまとめ、潤いをキープできます。

 

ただ、個人的には「1」の使い方が一番髪がまとまる印象を受けました。

髪を刺激や乾燥から守るには、アナタの髪質に合った使い方を選んでみてください。

 

アルガンオイルで髪や頭皮を守る!

Argan oil アルガンオイル

この他にも、アルガンオイルを頭皮や髪に使う方法もあります。

それは「オイルパック」です。

 

頭皮をマッサージし、髪にもパックをすることで「毛穴」の汚れを落とし、髪の保湿効果を高めるものです。

お風呂に入る前に行うと効果的で、定期的なディープケアとして使用すると頭皮トラブルの防止にもなります。(→効果的なオイルパックのヘアケア方法は?)

 

頭皮や髪がケアされることで、髪のツヤも良くなり、感触も柔らかくなります。

頭痛や不眠の解消につながる場合もあり、頭皮をケアすることはストレス解消にも良いということです♪

 

天然成分100%のアルガンオイルですが、多くのメーカーさんで販売されています。

安全性の高い、安心できるメーカーさんでの購入をおススメします。(→アルガンオイル、何が違うの?劣化や酸化を見分ける方法)

 

>>アルガンオイルの効果と口コミ

 

アルガンオイルの公式サイトはコチラ!