アルガンオイルに【白いものが浮いてる!?】低温で分離?それともカビ?

アルガンオイルを使おうと思ったとき、なんだか白いものが浮いていたことはありませんか?

「これってもしかして・・・カビ?それとも分離してるだけ?」と使うことが怖くなりますよね。

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルには、こういったことが時々起こります。

使ってもOKなのか、そして「なぜ」起こるのかご紹介します。

 

アルガンオイルに【白いものが浮いてる!?】低温で分離?それともカビ?

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルに白いものが浮いている場合、「カビ」を一瞬疑ってしまいますよね。

特に、アルガンオイルのような天然成分のオイルは、「異物」や「水分」が入ると劣化が進みやすくなります。

 

じゃあ、この白く浮いてしまっているのは「カビ」なの?

と、心配になりますよね。

 

白く浮いているのは・・・

低温になって、アルガンオイルが分離をしたり、白っぽく固まるからなんです。

 

寒い季節になると、アルガンオイルは白っぽく固まったり、白いものが浮いて見えることがあります。

アルガンオイルに含まれる「融点の高い脂肪酸」だけが固まるから。

 

アルガンオイルの品質に変化はありません。

継続して使用してもOKです!

 

使用する場合は、軽く振って液体になった分を使ってOKです。

もし温めて元の状態に戻したい場合は、気温の温かい場所に置いておきましょう。

 

アルガンオイル、湯せんや加熱しても品質は同じなの?

Argan oil アルガンオイル

もし、アルガンオイルが固まった部分を溶かしたいと思ったら、気温の温かいところに置いておくことがベストです。

でも、時間がないから早く使いたいな~。

 

と言うときもありますよね。

もちろん、アルガンオイルを湯せんで温めるのもOKです。

直接加熱するよりも、湯せんで溶かしましょう。

 

ただし!!

アルガンオイルは過熱をすると、酸化が進んでしまいます。

できるだけオイルを長持ちさせたい場合は、自然にもとの状態に戻るのを待つ方が良いでしょう。

 

アルガンオイル自体が固まってしまうことには「品質」に変化がないので、まったく問題ありません。

むしろ冷蔵庫保存などの方法もあるので、使用する際や溶かす際に注意をして使用しましょう。(→アルガンオイルは冷蔵庫保存が良い!?長持ちさせる秘訣は?)

 

>>アルガンオイルの効果と口コミ

 

アルガンオイルの公式サイトはコチラ!