アルガンオイル【妊娠中もOK?】妊娠線予防にも使えるってホント?

Argan oil アルガンオイル

妊娠中は、赤ちゃんがおなかにいるでけで、とってもハッピーですよね♪

でも、そんな時でも実は気になるのが・・・「妊娠線」です。

 

妊娠によってお腹が膨らむことで、妊娠線のリスクはグ~ンと高まります。

それを防ぐためにもクリームや予防ケアがとっても大切!

でも、どんな予防がいいのかわからない、という人も多いかと思います。

 

実は、妊娠線の予防にももアルガンオイルも使用することができます。

アルガンオイルを妊娠中にどんな風に使えるのか、そしてどんな効果があるのかご紹介します。

 

妊娠線はなぜできるの?できやすい部位は?

Argan oil アルガンオイル 子供 赤ちゃん 妊娠線

妊娠をすると、お腹が少しずつ大きくなっていきますよね。

赤ちゃんが元気に育っているのことが感じられて、とてもうれしい気持ちになります。

 

ただ、その一方で気になるのが「妊娠線」です。

妊娠線は、おなかが大きくなればなるほどできやすくなります。

妊娠線が妊娠中にできる理由は2つあります。

 

1 おなかの伸びに皮膚内部がついていけない

 

妊娠線ができる仕組みは、お腹のふくらみと一緒に「皮膚が伸びる」ことで起こります。

皮膚の中にある「真皮」や「皮下組織」の一部には弾力がありません。

Argan oil アルガンオイル

弾力のない真皮や、皮下組織は、少しずつ伸びていく皮膚に追いつこうと頑張ります。

しかし、それが限界に達した時、皮膚の表面に亀裂が入ってしまうのです。

 

この亀裂が妊娠線です。

妊娠線は「真皮」や「皮下組織」といった、皮膚の深いところが影響しています。

そのため、肌のターンオーバーでもほぼ治ることはなく、治ったとしてもとっても時間がかかります。

 

 

2 ホルモンの影響

Argan oil アルガンオイル

妊娠中には、「コルチコ・ステロイド」というホルモンの分泌が増加します。

このホルモンは、肌に弾力を与えてくれる「繊維」を作る細胞が増えるのを抑制してしまいます。

 

そのため、妊娠中はお肌の弾力が低下しがちになるのです。

弾力やハリがなくなると、お肌の皮膚が薄くなったり、硬くなったりしてターンオーバーが正常に行われなくなります。

 

すると「乾燥」や「敏感」な状態を引き起こし、よりお肌のトラブルを引き起こしやすくなります。

お肌の状態を悪化させやすい状態にあるため、妊娠線ができやすい状態を作り上げてしまうのです。

 

妊娠線のできやすい部位は?

お腹

妊娠線のできやすい、圧倒的に多いのがお腹です。

お腹に赤ちゃんがいることから、最も影響を受けてしまいます。

 

赤ちゃんのいる子宮が下の方にあることから、お腹の下にできることが多いです。

自分で確認することも難しい部位なので、ついつい予防を忘れがちになりやすいのです。

こまめに鏡などを使ったり、パートナーや家族にチェックしてもらうと、確認しやすいのでおススメです♪

 

油断していると、「気づいたらできていた」というのが胸です。

妊娠中は予想以上に胸が大きくなることが多く、それも急に胸が膨らんでいきます。

実は妊娠線ができやすいパーツなんです。

 

胸を刺激すると、おなかが張ってしまうことがあるので、ケアをする際は少し注意が必要です。

刺激をしないようにケアをしていきましょう。

 

二の腕・太もも

皮下脂肪が増えやすく、柔らかい部位なので妊娠線が出やすいです。

お腹や胸に比べると、できにくい場所ではありますが、油断しがちな部位です。

こちらも「気づいたらできていた」なんてことがあるので、ケアをする癖をつけておくことをおススメします。

 

アルガンオイル【妊娠中もOK?】妊娠線予防にも使えるってホント?

Argan oil アルガンオイル

では、妊娠中に「アルガンオイル」は使用できるのでしょうか?

その答えは、イエスです!

 

アルガンオイルは天然成分100%で生産されています。

そのため、お肌への刺激は少ないのに、きちんとお肌を守ってくれる働きが期待できます。

 

妊娠線を予防するためには、妊娠線の原因になりやすい「真皮」や「皮下組織」を保湿して、肌を柔らかく保つことが必要!

ということは、肌の奥までしっかりと浸透する「保湿成分」でなければ役に立ちません。

 

その分、アルガンオイルは「お肌への浸透力」がとても高く、肌を柔らかくする効果が高いのです。

また、肌表面だけでなく、保湿成分などをお肌の奥までしっかりと届けてくれるので、妊娠線への予防効果が期待できます。

 

  • 低刺激
  • 高い浸透力
  • 伸びの良さ
  • 高い保湿力
  • 肌の潤いをキープし、バリア機能を高める
  • 肌を柔らかくする

 

こういった効果が期待できるため、アルガンオイルを妊娠線予防に使用することは、とてもおススメです。

しかも、使用感もベタベタすることなく、サラッとしています。

オイル特有のベタつきが苦手な方でも、比較的使いやすいオイルです♪

香りもほとんどなので、ニオイづわりが出ているママでも比較的使いやすいオイルです。

 

さらに妊娠線予防効果を高めよう!

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルのみの使用よりも、さらにおススメなのが「クリーム」との併用です。

妊娠線予防の専用クリームと一緒に使うことで、アルガンオイルが「クリームの有効成分」を肌の奥まで浸透させてくれます。

アルガンオイル単独や、クリーム単独で使用するよりも、二つを併用することで、さらに妊娠線予防効果を高めることが期待できちゃいます♪

 

あるいは、「ニベアクリーム」との併用もおススメです。

これはあくまでも私個人の使った感じですが、「ニベアクリーム」とアルガンオイルを組み合わせることで、バツグンの保湿効果を感じることができました。

ただし、ニベアクリームの性質上使うタイミングを見極めることも大切なので、使う際は注意も必要です。(→妊娠線予防にニベアクリームが最高!ただし、注意するのは使い方)

 

コスパ的にもとっても良いので、おススメです。

アルガンオイルを使ったり、ニベアクリームを使ったりすることで、お肌の柔軟性を高めていきましょう。

 

妊娠線予防にアルガンオイルを使う方法とは?

Argan oil アルガンオイル 子供 赤ちゃん 妊娠線

妊娠線予防にアルガンオイルを使う場合は、次のタイミングで使うことができます。

 

  1. お風呂上り
  2. 朝に妊娠線予防のクリームを塗った後

 

お風呂上りに塗る場合は、お腹周りの水分を拭ききらないで塗ることがおススメです。

水分が少し残っているとオイルを広げやすくなります。

使い方としては、全身保湿に使う際と同じです。(→アルガンオイルで全身保湿をする方法とは?)

 

また、朝に使用する場合は単独での使用はあまりおススメできません。

オイルの性質上、加湿する成分が含まれていないので、あまり保湿効果が期待できないからです。

加湿成分などが含まれている妊娠線予防のクリームを使った後に、アルガンオイルを塗るようにしましょう。

2つを一緒に使うことで、より高い保湿効果を発揮することができます。

 

 

いつからアルガンオイルで妊娠線予防?

Argan oil アルガンオイル

妊娠線予防を開始するのは、だいたい「妊娠初期~中期」にかけてです。

それは、お腹が大きくなる前から皮膚を柔らかくしておくことで、妊娠線を防ぎやすくなります。

妊娠4~5か月くらいから、妊娠線予防を開始するのが良いとされています。

 

また、妊娠中はホルモンバランスも変化を起こしているため、妊娠線が起こりやすい状態になっています。

できるだけ早いうちから、予防を開始しておきましょう。

私も妊娠中は、ちょっと早いけれど、妊娠3ヵ月くらいから塗り始めています。

 

アルガンオイルで妊娠線予防♪

Argan oil アルガンオイル

妊娠線は、初産の妊婦さんで半数以上、二人目以降の妊婦さんで8割以上が経験します。

一人目よりも、二人目の出産で「妊娠線」が表れることが多いので、一人目でできなくても注意が必要です。

 

お肌を保湿し、柔らかく保つことで、妊娠線ができにくい状態を作りやすくなります。

これは顔やほかの部位も同じです。

お肌を柔らかくし、保湿された状態を保つことで「ハリ」や「キメの細かさ」を保ちやすくなります。

 

アルガンオイルは「妊娠線」はもちろん、全身に使用することができます。

お肌への刺激もすくないので、妊娠を機にアルガンオイルを使ってみるのもおススメですよ♪

 

>>アルガンオイルの効果と口コミ

 

アルガンオイルの公式サイトはコチラ!