アルガンオイルには【光毒性】はない?大丈夫?

アルガンオイルは保湿効果などに優れ、とても人気のオイルです。

でも、オイルと聞くと「日中につけても大丈夫なのかな?」と心配になりますよね。

Argan oil アルガンオイル

それもそのばず。

「光毒性」という言葉が広がっている通り、日光を浴びることでお肌に影響がないか気になるところです。

そこで、アルガンオイルには光毒性はないのか、そして日中につけても大丈夫なのかご紹介します。

 

光毒性とは?お肌に与える影響とは?

Argan oil アルガンオイル

「光毒性」という言葉の通り、光の影響を受けてお肌に何らかの症状が現れることを言います。

それはいったいどうな症状が起こるのでしょうか?

 

光毒性とは?

皮膚や目などが、「日光」や「光」に対して敏感になっている状態です。

 

特定の植物から抽出された液体を皮膚に塗ることで、こういった状態になることがあります。

 

実際に「光毒性」のある液体を肌につけて、光にあたるとどうなるの・・・?

多くの場合は、とても短い時間で強い日焼けの症状が発生します。

そして、通常よりも高いリスクでシミやシワなどの肌トラブルを起こしたり、皮膚の組織を破壊したりもします。

 

「光毒性」のある液体をつけて日光をはじめとする「光」に当たることで、お肌はダメージを受けやすくなるのです。

 

アルガンオイルには光毒性は含まれる?

Argan oil アルガンオイル

じゃあ、アルガンオイルはどうなのでしょうか?

また、日中にアルガンオイルを使用しても良いのでしょうか?

 

その答えは・・・

アルガンオイルには「光毒性」はありません。

また、日中につけても問題なしです♪

 

むしろ、アルガンオイルは酸化しにくいオイルなので、日光や紫外線からお肌を守ってくれます。

乾燥などのバリア機能を低下させる原因を防いでくれるからです。

 

 

アルガンオイル自体には紫外線をカットする力も、微力ながら備わっています。

そのため、日中につけて「油焼け」を起こす心配もありません。(→アルガンオイル、日焼け止め効果があるってホント?)

 

ただ、アルガンオイルをエッセンシャルオイルとして、ほかの精油と混ぜて使用する場合は注意しましょう。

精油の中でも、これらには「光毒性」が含まれています。

 

光毒性のある7つの精油

  • ベルガモット
  • ライム
  • レモン
  • ホワイト・グレープフルーツ
  • ピンク・グレープフルーツ
  • タンジェリン
  • マンダリン

 

この7つの精油を混ぜて、日中に使用することは避けましょう。

 

アルガンオイルには【光毒性】はなし!

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルには、「光毒性」も「油焼け」の心配もありません。

そのため、安心して日中に使用することができます。

 

また、紫外線による日焼けが引き起こす「乾燥」や「肌トラブル」も予防しやすくなります。

お肌をしっかりと潤すことで、外的刺激による「シミ」「シワ」などが起こらないよう、バリア機能を高めてくれるからです。

 

アルガンオイルには多くの効果ができます。

アナタが使いたい目的に合わせて、ぜひ使い方を楽しんでみてください♪

 

>>アルガンオイルの効果と口コミ

 

アルガンオイルの公式サイトはコチラ!