ヘアケアに最適!アルガンオイル【モロッコ】での相場は?おススメはどこ?

ヘアケアや肌のスキンケアと、全身に使うことのできるアルガンオイルはとっても貴重なオイルなんです。

それはモロッコの限られた地域でしか育つことのできない「アルガンの木」から作られているから。

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルを原産地であるモロッコで買う場合、どこがおススメなのか。

そして相場はどれくらいなのか。

また、日本で買う場合にも、どのようなことに気をつけて購入するべきなのかご紹介します。

 

ヘアケアに最適!アルガンオイルの原産地「モロッコ」

モロッコ

アルガンオイルは世界的に大人気のオイルです。

しかし、実はとっても貴重なオイルだということをご存知ですか?

 

アルガンの木は、モロッコの中でも南西部にしか育たないんです。

乾いた土地に深く根をはり、厳しい環境の中で生き抜くことのできる木です。

 

限られた地域でしか育たないため、アルガンの木を量産することはとても難しいとされています。

しかも、アルガンの木になっている実を人が採ることを禁じられています。

自然に実が落ちるまで待ち、地面に落ちた種を拾ってオイルを作ります。

そのため、オイルが完成するまでにたくさんの時間がかかります。

 

しかも!!

1粒からは、たった3%しかとることができないオイルです。

1kgのオイルを作るために、30kgのアルガンの実が必要ということ。

 

そんな貴重なアルガンオイルの相場は、日本で購入するよりも安く買うことができます。

モロッコの為替は、2018年現在で1ディルハムが12円くらいです。

 

高級と言われるアルガンオイルで、だいたい1mlあたり19.2円です。

ということは、50mlにすると約960円。

日本で50mlのアルガンオイルを購入すると、だいたい3000~4000円前後はします。

やっぱり原産地で買うのが安くてすむんですね~♪

 

アルガンオイルの原産地「モロッコ」で購入する際のポイント

モロッコ

モロッコで生産されているアルガンオイルは、原産地ということで種類も豊富です。

ただし、注意をしなければならないのは「本物」をきちんとつかっているかどうかです。

まれに「偽物」や「古いオイル」と混ぜて売られている場合があります。

 

そういったものを購入することにならないためにも、オイルを購入する際に気を付けるポイントを覚えておきましょう。

 

1 黄色っぽい透明のものを選ぶ

Argan oil アルガンオイル メルヴィーダ

質の高いアルガンオイルは、黄色がかった透明の色をしています。

金色に近すぎると、コストを抑えるために他のオイルと混ぜられている可能性があります。

色は黄色だけと透明っぽいものを選びましょう。(→アルガンオイルの色やニオイで鮮度がわかる!?)

 

2 容器はガラス瓶

持ち帰るときに荷物になるし、重さを考えると「プラスチック・・・」となりますが、理想をいうとガラス瓶の方がおススメです。

プラスチック容器の場合は、プラスチックによって汚染されていることがあります。

 

また、ガラス瓶のオイルの方が質が良いとのこと。

プラスチックより割高になるし、重さも少し増すけど、理想をいうとガラス瓶です。

 

また、アルガンオイルは光に弱い性質があります。

そのため、日光などの光があたってオイルが酸化・劣化する可能性があります。

 

品質の高いアルガンオイルは「色のついた瓶」に入って販売されていることが多いです。

また、オイルをアルミニウムやステンレスで覆ってくれているものもあります。

こういった劣化・酸化を防ぐようにしてくれているオイルを購入すると理想的です。(→アルガンオイルの正し保管方法は?)

 

 

3 目的に合わせて選ぶ

アルガンオイルには「スキンケア用」「食用」と目的別に生産されています。

精製される仕方が違い、食用として作られているものは美容成分が少なくなっている可能性があります。

スキンケアを目的で購入する場合は、スキンケアを目的として生産されたものを購入しましょう。

 

4 不純物のないものを選ぶ

日本で販売されているアルガンオイルは、クレームなどを避けるために「不純物」を丁寧に濾して販売されています。

そのため、国内ではほとんど不純物の入ったアルガンオイルを見ることはありません。

 

しかし、現地モロッコでは「見事に沈殿物が!」というくらい不純物が含まれているものが売られています。(笑)

不純物はあくまでも「悪いもの」ではなく、絞りカスなどの天然物なので変なものではないので心配ありません。

 

しかし、それが肌の刺激になって肌トラブルを起こす可能性はあります。

そのため、お肌のトラブルを予防するためにも「不純物」の少ないものを選びましょう。(→沈殿物や不純物、これってホントに大丈夫?)

 

アルガンオイル、現地モンゴルでおススメのお店は?

 

アルガンオイルの産地として有名なのが「マラケシュ」です。

しかし、それは日本でのお話。

マラケシュやシャウエンでもアルガンオイルを見ないことはないけれど、中国製だったり、質が悪かったりするので買わないほうがいいとのこと。

 

実は!!

現地の人の間では、エッサウィラのすぐ近くにあるシジ・ヤシン(Sidi Yassine)が最高レベルのアルガンオイルの産地として有名なんです。

観光地としては有名ではないけれど、アルガンオイルを目的とするなら「モロッコ南部」がおススメです。

 

特に人気のお店は「Assaisse Ouseka」というお店。

マラケシュからエッサウィラへ向かう途中にあります。

お店の看板と地図を一緒にアップしておきますね♪

この看板を目印に、地図の場所に向かってもらえると到着します。

Assaisse Ouseka

Assaisse Ouseka

 

 

 

アルガンオイル【モロッコ産】を日本でも!

Argan oil アルガンオイル メルヴィーダ

アルガンオイルは日本でももちろん購入することができます。

限られた地域でしか生産できないアルガンオイルですが、良質なものにこだわり、そこから丁寧にアルガンオイルを作ってくれているメーカーさんがあります。

そういったところから購入することで、日本にいながらアルガンオイルを使うことができるのです。

 

また、日本で販売されているものも、きちんと選ばないと「鮮度の低いもの」や「他のオイルと混ざっているもの」を購入することになりかねません。

色や瓶などにこだわって購入しましょう。

 

>>アルガンオイルの効果と口コミ

 

アルガンオイルの公式サイトはコチラ!