【アルガンオイル×エッセンシャルオイル(精油)】正しい使い方で美容効果アップ!?

アルガンオイルには嬉しい美容効果が期待できます♪

もちろん、アルガンオイルだけでも十分魅力的な効果を発揮してくれますが、エッセンシャルオイルと組み合わせることによって、また違った使い方をすることができます。

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルにエッセンシャルオイル(精油)を使用する場合、どう使えばどんな効果を発揮するのか。

今回は正しく二つを組み合わせて使えるよう、正しい使い方と効果をご紹介します。

 

【アルガンオイル×エッセンシャルオイル(精油)】組み合わせるメリットとは?

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルには豊富なビタミンEや、リノール酸など、私たちの肌に必要な成分が含まれています。

特にビタミンEは他の美容オイルに比べても多く含まれているため、アンチエイジング効果が高く期待できます。

特に、ブースターとして使用することによって、高い保湿効果や美肌効果を引き出してくれるのです。(→アルガンオイルのブースター効果は嘘!?本当に効果的な使い方とは?)

 

アルガンオイルに含まれる成分には、私たち人の皮脂に似た成分も多いため、お肌の深くまでグッと浸透してくれます。

お肌に馴染みやすく、他のスキンケア用品の美容成分も一緒にお肌に浸透させる手助けもしてくれます。

肌を柔らかくし、肌トラブルを予防・改善してくれる効果が期待できるんです♪

 

エッセンシャルオイル(精油)とは?

モロッコ

エッセンシャルオイル(精油)とは、自然植物の花や葉、木部、果皮、樹皮、根、種子などの部分に存在する天然の液体のこと。

その液体には、その植物の香りや成分がぐっと凝縮して含まれています。

 

天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれます!

そのため、他の何かが混ざっているものや、植物の香りに似せて作られたものは「エッセンシャルオイル(精油)」とは言いません。

 

ただし、アルガンオイルと同じように、天然成分100%のものであっても品質やグレードには種類があります。

それぞれの香りには、異なった性質、働きがあります。

たくさんの香りの中から、アナタの目的に合った香りを選ぶことで、アナタの心身に対してより良い効果をもたらしてくれます。

 

 

【アルガンオイル×エッセンシャルオイル(精油)】組み合わせるメリットとは?

Argan oil アルガンオイル

では、アルガンオイルとエッセンシャルオイル(精油)を組み合わせて使う場合はどうでしょうか?

アルガンオイルは天然の植物性油なので、アロマオイルの「キャリアオイル」として使用することができます。

 

エッセンシャルオイル(精油)を原液で直接お肌に使用することはできません。

原液のまま使用することは刺激が強すぎる場合があるからです。

 

だからこそ!

アルガンオイルをキャリアオイルとして使用することで、アロマオイルの香りや成分をお肌に穏やかに浸透させることができます

 

もちろん、アルガンオイルの豊富な栄養素と美容成分も同時にお肌に浸透するため、より高い美容効果を発揮できるのです。

二つを同時に使用することによって、それぞれの良い部分を引き出し、お肌にその効果をもたらしてくれることが期待できます。

 

【アルガンオイル×エッセンシャルオイル(精油)】肌質・効果別のおススメは?

Argan oil アルガンオイル

それぞれの肌質に合ったエッセンシャルオイル(精油)があります。

アナタの今の心身の状態にあったものを選ぶことで、より適切な効果が期待できますよ♪

普通肌

  • ラベンダー:古くからハーブ療法で肌への効果が優秀
  • ゼラニウム:調整作用に優れているといわれます。皮脂分泌の調整も♪
  • ローズオットー:お肌を強壮にしてキメを整えるといわれます。香りもゴージャス!
  • ローズウッド:肌の細胞を活性化
  • パルマローザ:保湿に優れ、消炎作用が皮膚の炎症が原因の皮膚炎や湿疹などに良い

乾燥肌

  • ラベンダー:古くからハーブ療法で肌への効果が優秀
  • ゼラニウム:調整作用に優れているといわれます。皮脂分泌の調整も♪
  • フランキンセンス:抗菌・防腐に優れ、抗老化・抗酸化作用がある
  • カモミール・ローマン:古くからハーブ療法で肌への効果が優秀
  • サンダルウッド:寝不足やストレスを解消
  • ネロリ:肌細胞に働きかけて活性化させます。
  • パルマローザ:保湿に優れ、消炎作用が皮膚の炎症が原因の皮膚炎や湿疹などに良い

オイリー肌

  • イランイラン:花の香りは呼吸を深くさせ、緊張を緩めます。
  • ローズマリー・ベルベノン:皮膚を清浄にし皮膚組織の再生する作用、代謝促進作用

敏感肌

  • ラベンダー:古くからハーブ療法で肌への効果が優秀
  • ローズオットー:お肌を強壮にしてキメを整えるといわれます。香りもゴージャス!
  • ローズウッド:肌の細胞を活性化
  • カモミール・ローマン:古くからハーブ療法で肌への効果が優秀

特にスキンケアに向いていると言われているのがコチラ♪

  • ローズ:お肌を強壮にしてキメを整えるといわれます。香りもゴージャス!
  • ネロリ:肌細胞に働きかけて活性化させます。
  • メリッサ:肌トラブルによく、とくに炎症などに効果的をいわれます。
  • カモミール(ローマンでもジャーマンでもOK)
  • ラベンダー:古くからハーブ療法で肌への効果が優秀

 

 

【アルガンオイル×エッセンシャルオイル(精油)】の使い方

Argan oil アルガンオイル

それぞれの効果や効能を引き出すためにも、正しい使い方をしましょう。

特にエッセンシャルオイル(精油)は濃度が高すぎると肌トラブルの元になってしまう場合もあります。

個人で使う際は、きちんと薄めて使用しましょう。

 

エッセンシャルオイル(精油)を薄める濃度

  • キャリアオイル 小さじ1杯(約5ml)
  • アロマオイル 1滴(約0.05ml)
注意
薄める濃度は1%以下を目安にしましょう!

顔用(0.1%〜0.5%)、ボディ・全身用(1%)、敏感肌の人(0.5%以下)で薄めてみましょう♪

作り方

  1. アルガンオイルを清潔な容器に入れる
  2. エッセンシャルオイル(精油)を入れる
  3. 混ぜる
使用するタイミングは、お風呂上りなどがおススメです♪

お肌に合わない場合は、使用をすぐに中止してください。

お肌が弱かったり、使用に不安がある方は「パッチテスト」を行ってから使用しましょう。

お肌に合わない場合、逆効果を招く可能性もあります。(→パッチテストの方法!お肌に合わないときの特徴)

 

【アルガンオイル×エッセンシャルオイル(精油)】正しい使い方で美容効果アップ!

Argan oil アルガンオイル

アルガンオイルだけでも十分すぎるくらい嬉しい効果が期待できるスキンケア用品です♪

エッセンシャルオイル(精油)をプラスすることで、よりアナタの肌や身体にマッチした効果や効能が期待できます。

 

ただ、使用するうえで注意しなければならないのは「光毒性のある精油」の使用についてです。

アルガンオイル自体には「光毒性」はありません。

むしろ、紫外線をカットする効果も微力ながらあるくらいです。(→アルガンオイルには紫外線カット効果!?日焼け止め効果も?)

 

しかし、ベルガモット、グレープフルーツ、レモンなどの精油には、肌に刺激を与える光毒性をもつものがあります。

薄めたオイルでも肌につけた直後に太陽の光に当たると、シミになったり赤く腫れることがあるので、外出前や外出中の使用は避けましょう。

 

また、アルガンオイルの品質にも注意が必要です。

粗悪品などを購入してしまうと、そこに含まれる不純物や酸化・劣化したオイルが影響して逆効果になることもあります。

安心して使用するためにも、実績のある安全な販売元から購入することをおススメします。

 

>>アルガンオイルの効果と口コミ

 

アルガンオイルの公式サイトはコチラ!